忍者ブログ

休日の写真館 Blog

2006/11/29start

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東山・山科桜散策

4/10(日) 天気:晴れ

この日は朝から桜巡り
京都市内はもちろん自転車。自宅を5時半に出発して最初に向かったのは"蹴上のインクライン"です。
"インクライン"とは、船が上がれない急な坂を貨車を使って引っ張り上げるための線路のことらしく、このインクラインは明治初期に建造されたものらしいです
線路の上を歩くという中々できない経験をしながら桜を楽しみました。

◆ずっと前から来たかったので念願叶いました


インクラインの桜を楽しんだ後は、目と鼻の先の"南禅寺"へ
ここも桜は満開でしたが、桜の本数はそれほどででもないので個人的には盛り上がりには欠ける印象。
南禅寺は秋の紅葉のほうがお勧めでしょうか…?

◆それでも十分に楽しめますよ。


南禅寺を楽しんだ後は、この日最も楽しみにしていた"哲学の道"へ
ちょうど朝日が大文字山から顔をだして、桜をさらに美しく輝かせました。

◆これは来て良かったと大満足


途中で、哲学の道沿いにある"法然院"にふらっと寄り道。
参道は朝の掃除をされていた最中でした。掃除の際に椿の落花を残して掃除をされているので、参道は椿で彩られてとっても趣があります。寄り道してよかったと大満足です

◆こんな景色を独り占めできてとってもぜいたくな気分です


哲学の道を楽しんだ後は、一旦蹴上に戻って山科方面へ
山科疎水沿いの桜を楽しみながら進みます。途中、疎水沿いのお寺"本國寺"に寄り道。
ここは全く事前情報無しで行ったのですが、境内には見事な紅枝垂れ桜の大木が。思いがけず得した気分です

◆ここはお勧めですよ~


山科疎水のラストは桜と菜の花が満開です。


そして、この日最後の桜散策は山科の"毘沙門堂"です
ここは、紅葉の時期に何度も訪問しましたが、桜の時期は初めて。ちょうどこの日は観桜会が行われるらしく、境内は賑わっていました

◆桜の時期も良いですね


これだけ楽しんで、自宅に戻ったのはお昼前。
早起きって素晴らしいですね(笑)
午後は家族で宇治川へ。ここは撮影よりも家族サービス。
宇治川も桜は満開ゆったりした気分で桜を楽しみました

拍手[0回]

PR

Comment

ワタシも

ワタシも土曜日に行ってきましたよ~。
もんのすっごーい人でしたけどね。
仕事のあと、夕方だったので余計ですね。
天気が回復したあとだったので、インクラインの線路が見えないくらいの人出でした。桜は見事でしたよね~。
宇治川は、逆に日曜日の朝でした。
こちらは人がいない写真が撮れましたよ(笑)

無題

  • Takapyon
  • 2011-04-13 21:43
  • edit
Katsuさんは土曜日の訪問でしたか。
インクラインは雨の日のほうが美しいと聞いていたので土曜日雨の中、決行しようかとも考えましたが、家を出た時の雨足が強かったので断念しました…。

今年も宇治川には数回行ってますが、お見せできるような写真が撮れていません…。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

インクラインの桜

  • インクラインの桜
  • URL
  • 2011/04/28(Thu) 12:09
青空の広がる夕刻、インクラインを歩きました。 (※4月9日撮影) 遊覧船が羨ましい、動物園の桜。水辺から見上げたら綺麗だろうなぁ。 手前に咲いているのはオオシマザクラ、かな? 新緑も美しい、動物園です。 さて、インクラインへ。 お天気が回復したあとなので、人がたっくさん! 空を覆う桜。 清々しい~!(^-^) 隠しても人が入りますから、もう写ってもいいです(笑)。 アップも一枚。 どことなく印象的な蕾と一輪咲...

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ようこそいらっしゃい♪

プロフィール

HN:
Takapyon
HP:
性別:
非公開

今日・明日の天気


-天気予報コム-

ブログの評価

最新CM

[06/22 Takapyon]
[06/12 Katsu]
[05/23 Takapyon]
[05/17 Katsu]
[03/10 Takapyon]

ブログ内検索

フリーエリア

Copyright © 休日の写真館 Blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]